« 一人旅 "Australia of Journey - Sydney Part 4 - " | トップページ

2011年6月19日 (日)

一人旅 "Australia of Journey - TASMANIA(タスマニア) - "

Sydney(シドニー)から今度は。。。


オーストラリア一周していた人達の中でも
ここは行ってなかったっていう人が数人聞いて
ぜひ、ここは行った方がいいって思ったのが、ここ!!!
ここはなかなか行けるチャンスも少ないし、この機会を使って行くことに決心!!

TASMANIA(タスマニア)!!!


TASMANIAは世界遺産でもあって、さらにこの島に来た人にしか分からないことが沢山ある。

また、日本人なら絶対知ってる、あの有名なアニメ映画。。。


ジブリ映画


舞台になったのは。。

「魔女の宅急便」に出て来るパン屋さん、
そして、屋根裏の部屋°+(*´∀`)b°+°


Sydenyからフライトで午後出発
航空会社は「Virgin Blue」
国内便だから安いし、チェックインも手軽



出発ーーー!!!

SydneyからTASMANIAのHobart(ホバート)へ


Img_5419

実際はTASMANIAに着いたのは午後5時くらいで
空港からたまたまYHA(バックパッカーズ)のシャトルバスを発見!凄いラッキー!!!
メンバーズカードを持っていると、シャトルバスの料金が凄く安く乗れる


今回、TASMANIAでの1泊目はYHAじゃなく、違うバックパッカーズになるので、その名前を伝えたら、そこの近くまで下ろしてくれるので、空港からTASMANIAのHobart(ホバート)中心部まで約20分。


TASMANIAのお店が5:00pmに閉まってしまう。
TASMANIAの景色はどちらかというと、日本に似ている感覚で山、海、そして自然が沢山あってのどかな雰囲気。

Img_5428

着いた日はバックパッカーズで夜を食べようとキッチンへ行って、簡単にパンとチーズ、そしてスパムをカットして焼いて挟んで食べていると。。。


私の前に席が空いていて、ある女の子が「ここ座っていい?」って聞いて来て座った。
見た感じ、アジアン系の女の子で何となく、雰囲気から凄く親近感ある子だった。

それから、私は夕食食べながら、今までの旅日記を書いていたら。。。

前に座っていた女の子が声かけてきた。

「あ、Sydneyに行ったの?これ、Sydneyの切符でしょ?(笑)」
それから、お互いの事を話した(´∀`)

Img_5417

名前は「Ann(アン)」
何と、Thailand(タイ)から来ていて、一人旅で来たという。けど、実際は学生でオーストラリアに10年位いるので、凄い英語がペラペラで分かりやすい('∀'*(._.*('∀'*(._.*)フミュフミュ

何と、私より全然年上で。。。34歳だった!!!
全然見えなくて、びっくりした( ´゚д゚`)エー


何と、このTASMANIAの旅が終えたら、元々いるオーストラリアのBrisbane(ブリズベン)に戻り、それから、母国のThailandに帰ることになるという。どうやら、親が戻ってこいっていう声がかかってるみたいで、彼女的には帰りたくないって言ってた(笑)遊んでばっかりいるから、何て言おうかなって。。。(笑)




Img_5442

Annが夜のイベントに誘ってくれて、Annの友達も一緒に行くことになった
そしたら、Annが何故かIce creamをおごってくれた!!!(ノ∀\*)

ありがとうーーーーーヽ(○´3`)ノ チュゥゥゥ

Img_5443

ここがTASMANIAのHobartでやっていた音楽のイベント
こういうイベントってなかなか行けないし、貴重!!!
ちなみに、こういうイベントって大体、基本的に海外は日本と違ってチケットなんて不要!!!


それから、Irish Bar(アイリッシュバー)で一杯飲んで
Annも私も明日去ることが分かって、いつか会えることをお互い話しながら
ハグして、Bye Bye

いいなー本当に出会いって。
でも、やっぱり英語が皆、ペラペラで。。。ってか、Annの友達Britishだったから当たり前か。。。w
早い会話の英語に慣れてなく、途中で苦戦しかけたけど。。。


明日から始まるTASMANIA Tourの準備と早起き!


そして、次の日無事に朝早く起きて
集合場所と言われていた場所へ向かうと、数人女の子が立っていて
絶対同じツアーだろうなーって思いながら、待っていたら1人の女の子が声かけてきて、ツアーの名前を聞かれたら、やっぱり一緒だった°+(*´∀`)b°+°

それから、ツアーのバスが来て、ガイドと会い、、、そして自己紹介を重ねて
バスへ乗り込む

バスに乗り込んで、ツアーに参加するメンバーが各ポイントごとに乗り込んで来る
初日は全員で14人くらいいた

Img_5478

最初に向かったのは
Hobartから北東に向かって、Richmond(リッチモンド)橋へ

Img_5481

この架け橋はもう特徴あって、ここに来たからこそ見れない景色とか雰囲気があって、気分が落ち着いた

Img_5482

凄い綺麗ーーー

Img_5484

TASMANIAの天気が少し悪くて心配だったけど少しずつ晴れてきて良かった
実はこの町にはリッチモンド監獄がって、もともと囚人がいたんだってねー
そんな風に感じ取れないけど。。。

Img_5486

うーーーん!綺麗な景色。ずっと見てると心が和らぐ。そういう瞬間って幸せな瞬間なんだと思う。

Img_5507 Img_5508

左の写真が今回のツアーガイド
右の写真がツアーの集合場所で一緒だった人で声かけてきた子
スコットランドから来ていて、ちょっと強気な感じの子

Img_5509

どこのベイか忘れてしまった。。。
後で分かったらUPしなおします。。

Img_5517

後ろにいるのが今回のツアーのメンバー達
日本人私のみ、1名!!!いいね、そんな環境!

Img_5528

凄い絶壁

Img_5537

西オーストラリアでファームやってた時に、Albany(アルバニー)のナチュラルブリッジみたい。

Img_5557

次はPort Arthur(ポートアーサー)という場所で昔の監獄があった場所
建物からまず、もう歴史が何百年前?何千年前?って感じでもう時代が全然違う

Img_5562

お城もあったし。。。もう、映画のロケで使われてたんじゃないかっていう位の広い場所

Img_5566Img_5568

そこで、たまたま自然と話しかけてきたのがDiana(ダイアナ)というフランス人の女の子

Img_5570

フランス人だから、英語もちょっとなまりというか特徴があって、最初は戸惑ったけど、理解してくれるまで話してくれて。凄い優しい子。確か22歳だったかな?

Img_5571

二人で自然と各ポイントを回っていた
そんな自然体が一番いいよね。

Img_5581

ここは刑務所

Img_5585

教会があって二人で神父になりきって遊んでた(笑)
Dianeがやってみよって乗り切るから。。。
やっちゃいけないことだけどさ。。。こんなことは。。。

Img_5586結構、なりきってるよね、自分。Dianeがこの写真見てツボだったみたいで笑ってた。

Img_5587

映画「シャイニング」でなりきってみる(笑)

Img_5596

こんな景色が目の間にあるとは信じがたくて、今、ここに自分が立っているんだと本当に実感しなくて。。。でも、こうやって目にして、感動の言葉以上の言葉が見当たらない。

Img_5598

橋の上に立っているのはDiane

Img_5599

こんなことができるのも旅してるから(笑)

Img_5600

歴史深い地でDianeと遺書に

Img_5610

次は船で一周できるというコースもあって、その時間通りに集合する場所に行って早速、船に乗り込む。

Img_5615

天気が良くて見晴らし最高

Img_5622

暑いけど、船の上に乗ると寒い。。。

Img_5625

TASMANIA(タスマニア)に来たら、TASMANIAにしかいない動物
タッシーデビルことタスマニアデビル
外見は可愛いけど、鳴き声がデビルの声

Img_5630

可愛いーー

Img_5633

オーストラリア名物のインコ
野性的のインコがあちこち沢山いる

Img_5658

あくびるするタッシーデビル

Img_5663

ここは一見、普通のパン屋さんに見えるけど、実はある舞台になったパン屋さん
言われるまで全然気付かなかった

Img_5664

美味しそうなパンが並ぶ

Img_5666

そう、ここはジブリの映画で有名な
魔女の宅急便に出て来たパン屋さん

Img_5667

奥にはパンを焼く石釜がある

Img_5668

魔女の宅急便といったら、黒猫だね

Img_5670

そしたら、ここいいってみたいと懇願して念願の屋根裏へ

Img_5671

映画通りににここから眺めるシーンを覚えてる

Img_5672

一回泊まってみたかったな。。。
実はここ、予約すれば泊まれるのだ。
本当にラッキーだった、この中を見れるのは!!
宿泊者がたまたまいなかったので見学できたのだ

Img_5674

色んな置物を置いていてるのは日本人が泊まりに来て、置いていくという
愛されているパン屋さんだね。

Img_5676

この中を見たのは日本人のみ(笑)一緒のツアーで参加したAkane chanとMami chan
他の皆は興味なく。。。そりゃそうだよね。。。

Img_5692

パン屋さんがある町に大きな教会がある

Img_5694

わーいわーい

Img_5697

パン屋さんがある町は「ROSA(ロサ)」という町

Img_5716

そこからまた移動して次はWineglass(ワイングレス)という湾へ。


とても綺麗な海に囲まれていて、山から見下ろすのとそのビーチに行くのと見方の違いがあって。。。けど、これは基本的にTASMANIA(タスマニア)は山に囲まれているので、どのポイントに行くにもトレッキング的な事が多くて、しょっちゅうずっと登り歩いてることが多い。


次は。。。


Wineglass(ワイングレス)へ
























































|

« 一人旅 "Australia of Journey - Sydney Part 4 - " | トップページ

Backpacker」カテゴリの記事

コメント

タスマニアは、また別格だね。北海道に似てるとよく言われるけど、そんなレベルではなくて、むしろ中世ヨーロッパの雰囲気が漂う。歴史とセンスをすごいかんじる。ここは、行きたかったな。

投稿: AYU | 2011年6月19日 (日) 22時58分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

投稿: 履歴書の作成 | 2013年2月 3日 (日) 10時54分

記事拝見して、タスマニア行きたくなりました!
とても魅力的なツアーなのですが、どこの旅行会社を利用されたんですか??

投稿: | 2013年9月 7日 (土) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人旅 "Australia of Journey - Sydney Part 4 - " | トップページ